読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯉人蜻蛉日記

受験です。ぼやきます。

鈴木誠也緊急昇格、広島東洋緊急事態。


野間と入れ替わって鈴木誠也が昇格。

これだけ聞けば聞こえは良い。

しかし、そこに「緊急」とつくとなると話は違うし、天谷バブルもまだ弾けてないし、使い切っていない。

彼が与えるチームへの影響は、まだまだ全然残っているのだ。

たからこそ、誠也に与えられる時間も増え、このバブルが弾け切った頃に、万全過ぎてほっかほかな誠也が打線に戻ってきて、さらなる活性化を望める。

完全に僕の構想は崩れた。


これでおそらくカープは100あった伸び代を0どころかかなりマイナスに押し下げてしまった。

恐ろしい大失態である。


完全に昨年のデジャブだ。

急遽昇格させたロサリオがシーズン通しらしくなかったのを忘れられないが、彼の場合「必要に迫られていたから止むを得ず」だったのに対し、今回ははっきり言って無駄な人事としか思えない。

野間が降格するならなぜ下水流がヌクヌクと1軍に残れるのか。

あれほど不安そうな顔をしてプレーをしている選手は、悪いが白濱以来見たことがない。


おかしい、あぁちゃんちゃらおかしい。

まだ実践をこなせていない不完全な誠也が天谷を押しのけスタメン入りし、さっぱりダメだと気付いた頃には、もう天谷の勢いはなくなっているかもしれない。

1番から9番まで繋がるはずだった強力打線を予感させた、誠也の離脱だったが、もう完全に予定が狂った。

どうしようもないアホとしか言いようがない。

もうお手上げだ。

今シーズン、初めてこんな感情を抱いた。


スポーツナビ+では言えない、暴言の嵐を吐かせてもらった。

実に不愉快である。

そして世の中とは全く、上手くいかないものだ。